つなぎ融資とは

つなぎ融資と住宅ローンとはどう違うのでしょうか。

一般的に住宅ローンが実行される、つまり銀行からお客様の銀行口座に振り込まれるには、建物が完成し登記が終了し土地建物に抵当権が設定されることが必要です。

また、新築の家の引き渡しをしてもらうには、建物代金の代金を全額支払うことが必要です。

ですから引き渡し予定日には住宅ローンの融資を実行してもらうことになります。



そこで、問題なのが引き渡し予定日に融資が実行されない場合です。

公的融資である財形住宅融資は手続きが厳格で土地建物に抵当権が設定されたことを確認された時でないと融資が実行されません。

そのため、引き渡し時には融資が実行されないことが多いです。

そうすると、引き渡しができなくなることになります。

そこで、つなぎ融資が必要になります。


つなぎ融資は、例えば、財形住宅融資が確実に実行されることを条件に無担保で引き渡しの時から財形住宅融資が実行されるまでの間の立替融資になります。

財形住宅融資が実行された時に、つなぎ融資の返済を行います。

無担保であるため金利が少し高めになります。

また事務手数料も必要になりますので、つなぎ融資が必要な場合は確認が必要です。



つなぎ融資は財形住宅融資だけに限らず、フラット35や土地から購入して家を新築する場合なども利用されることがあります。

また、一部の資金のある住宅会社などはつなぎ融資は不要という会社もあります。



つなぎ融資を利用する時は、住宅ローンと同じような手続きや費用が必要になりますので、事前の資金計画がとても大事になってきます。

住宅ローンを借りる時は、金額や金利だけでなくどういう流れで何時融資が実行されるか、必ず確認しましょう。