よく聞くフラット35はどんな住宅ローン

住宅ローンとしてよく名前が出るのが、「フラット35」ですね。

この「フラット35」とはどんな住宅ローンなのか、良く理解しておくことが住宅ローンを理解する上で重要になります。

フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携している長期固定金利住宅ローンです。

住宅金融支援機構とは、独立行政法人で、以前あった住宅金融公庫から業務を継承しています。】




フラット35の特徴として  

最長35年間の長期固定金利になります。

適用される金利は融資実行時の金利が適用されます。

融資金額は8,000万円(必要資金の10割まで)が限度です。

財形住宅融資との併用も可。

保証料・連帯保証人ともに不要。

団体信用生命保険の加入は任意です。

繰上返済手数料は無料。




フラット35の注意点

フラット35はどの金融機関でも同じですが、適用される金利と事務手数料は各金融機関によって違います。

団体信用生命保険の加入は任意ですが、加入する時は別途団信特約料が必要になります。

借入の対象となる住宅には一定の技術基準が求められます。



住宅ローンは各金融機関によって色々な種類があり、迷うと思います。

それを理解するためにはこのフラット35を学んで、それとの比較をすることで他の住宅ローンも理解できるようになると思います。