住宅ローンの種類 民間住宅ローンと公的住宅ローン

住宅ローンと一口に言っても色々な種類があります。

大まかな分け方として、民間住宅ローンと公的住宅ローンに分けられます。

現在の主流は民間住宅ローンです。


何年か前までは、住宅金融公庫と言う公的住宅ローンが主流でしたが、今はフラット35と言う民間住宅ローンになっています。

民間住宅ローンの大まかな特徴は、融資限度額が大きく、金利の種類も多様です。

さらに、融資の物件に対する条件も公的融資に比べて比較的緩やかになっています。


公的住宅ローンは、財形住宅融資と各自治体が行っている自治体融資があります。

融資額に一定の制限があり物件に対する条件も民間住宅ローンに比べて厳しい部分があります。



また、大きな会社では社内融資、公務員では共済融資も利用できます。



住宅ローンを利用しようと思った時、まず、自分自身がどんなローンを利用できるか確認することが大切になってきます。