住宅ローンを借りる時の諸費用 保証料

住宅ローンを借りる時、注意しなければならないのが諸費用です。


諸費用と言ってもなかなかわかりにくいと思いますが、
一つ一つ確認しておきたいと思います。



保証料

通常お金を借りる時には保証人が求められます。

でも、実際に保証人を頼むのは大変です。

そこで、利用するのが保証人に替わる保証会社です。


個人ではなく保証会社に保証人になってもらうわけです。

ですから、当然のことながら保証会社に保証をしてもらう
代わりに保証料が発生します。


今はほとんどの会社が住宅ローンの借入れの際の条件として、「保証
会社の保証が受けられること」としています。

ですから、今は保証料が必要と考えましょう。


逆に、保証料が必要ないのは「フラット35」です。

フラット35は保証料が必要ありません。


この保証料は、返済期間、借入額、返済方法等によって決まり
ます。

期間が長く借入額が大きくなるほど保証料も高くなります。


保証料の支払いは、一括で支払う場合と毎月の返済額に
プラスして支払う方法とがあります。


毎月の場合は概ね0.2%が金利に上乗せされて支払うことに
なりますから、毎月の返済額を考える時注意が必要になって
きます。

利用しようとしている住宅ローンはどのような条件になって
いるか確認が必要になります。