住宅ローンを借りる時の諸費用 団体信用生命保険①

団体信用生命保険(団信)とは、住宅ローンを借入した人が、死亡・高度障害になった場合に、団信の死亡保険金で住宅ローンの残債を清算してくれるものです。


団信に加入することで、万一の場合、遺族に負債が残りません。

ほとんどの住宅ローンでは、団信の加入が義務付けられていますので、健康面も大事になってきます。


一部の住宅ローンでは団信の加入は任意加入となっていますので、仮に過去に病気を患っていて、団信に加入できない人でも住宅ローンの借入ができます。

加入が任意の住宅ローンで主なものはフラット35です。

この、団信の保険料(特約料)はほとんどの場合金融機関が保険料の支払いをします。


但し、任意で加入できる場合は保険料の支払いが発生します。


また、その支払いは年払いとなり、保険料(特約料)は住宅ローンの残債に応じて支払うことになりますので、毎年保険料は減っていきます。