家の価格を坪単価で判断してはいけない理由

家の価格を坪単価で判断してはいけない理由

家の価格を坪単価で計ることの危険性

坪単価いくらですか・・・坪40万位なら・・・

時々耳にしたり、よく見る言葉ですね。

でも、この坪単価という言葉はどういう意味でしょうか?

坪単価は家に掛かった費用を家の坪数で割った金額になります。

ただ、残念ながら坪単価の基準はありません。

家に掛かった費用の金額を計算する基準は無いと言うことになります。

住宅会社によって計算の方法が違うと言って良いでしょう。

工務店のいう坪40万円という言葉と、お客様がいう坪40万円の

中身は違うと思っていいですね。

一口に坪単価と言ってもお互いの意味が違っている以上、のちのちのトラブルの

元になる可能性はあります。

坪単価で話をするためには、まずお互いに坪単価の定義を一緒にすること、つまり

坪単価とはどんな内容が含まれているのか確認することが大事になってきます。

そこで、重要になってくるのがそもそも、家を建てるときにどんな費用が掛かってくるかと

いうことです。

最終的に思いもかけない費用が掛かって予算オーバーになることはよくあることです。

そうでなくても、家づくりが具体的になってくると夢が広がり当初の予算を越えるもの

なのです。

予算オーバーした部分を現金で支払えればいいのですが、その分住宅ローンを増額させれば

後々後悔することにもなりかねません。

住宅を建てるときに係る費用は大別すると以下のようになります。

もちろん、家を建てる状況は個々に違いますから、人によって多少の違いはあります。

でも、概ね以下のことに注意しておけば大丈夫です。

建物本体に係る費用(建物本体価格)

建物に付随して係る費用(別途工事又は付帯工事)

住宅建築に係る経費(建物登記費用、住宅ローン費用、引越し費用等)

住宅取得に係る税金(不動産取得税、固定資産税等 また、減税もあります)

チラシで坪単価という表現が出た時は、どこまでの金額を含めての坪単価か必ず確認しましょう。