高性能の住宅向けフラット35Sの特徴

高性能の住宅(一定に条件あり)向けにフラット35の金利を一定期間引下げる制度があります。

それがフラット35Sです。

フラット35Sは省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅が対象です。



フラット35Sの対象となる住宅の基準

対象となる住宅は、フラット35の技術基準(新築・中古)に加えて次の技術基準の内1つを満たしていることが必要になります。

〇省エネルギー性に優れた住宅
 高い水準の断熱性等を実現した住宅

〇耐久性・可変性に優れた住宅
 耐久性を有し、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅

〇耐震性に優れた住宅
 強い地震力に対して倒壊・崩壊等しない程度の性能が確保された住宅

〇バリアフリー性に優れた住宅
 高齢者が日常生活を行いやすくした住宅



金利Aプランと金利Bプラン

フラット35Sの技術基準を満たすと当初5年間、フラット35の金利より0.3%引き下げる「金利Bプラン」

フラット35Sの「金利Bプラン」の技術基準よりさらに高性能な技術基準を満たした際には、当初10年間フラット35の金利より0.3%引き下げる「金利Aプラン」があります。